相続手続き中に、共同相続人の1人が亡くなった。今後の手続きはどうしたらいいでしょうか?

どのタイミングで亡くなったかが重要です。 すでに遺産分割協議が成立し、不動産や銀行の手続き中の場合は、解約金の受取人が亡くなった方の法定相続人になります。 亡くなった相続人の財産として別途遺産分割協議書が必要です。分割協 […]

記事を読む

相続財産がわかりません。どうやって調べればいいですか?

不動産は名寄帳、預貯金や有価証券は銀行や証券会社ごとに照会が必要です。     相続が発生しても、被相続人の財産一切を網羅的に調査する方法はありません。不動産の場合は、市町村単位で所有者を管理している為、被相続人の最後の […]

記事を読む

連絡先を知らない、または直接連絡をとりたくない相続人がいる

相続人の住所が不明な場合は調査をし、連絡を代行して承ることも可能です。遺産分割協議書へ署名押印のご手配も、承ることが可能です。ご相続人様のご事情に合わせて、様々な方法でご対応させていただいております。お気軽にご相談くださ […]

記事を読む

相続人の中に行方不明の方がいた場合(不在者財産管理人)

亡くなった方の財産を相続する手続きでは、必ず相続人全員で遺産分割協議書に署名と実印での押印(もしくは、個別に遺産分割協議証明書に署名と実印での押印)が必要です。 相続人の中に行方不明の人がいた場合は、遺産分割協議が出来ず […]

記事を読む

相続人の中に未成年者がいた場合(特別代理人)

未成年者が相続人になる場合、未成年者には「代理人」を立てる必要があります。親も未成年者である子も、ともに相続人で、相続人全員で遺産分割協議が行われる場合等は、親と未成年者である子は利益相反関係となるため、「特別代理人」の […]

記事を読む

無料相談受付中

お気軽にご相談ください。

相続の専門家が対応

司法書士・行政書士・税理士・土地家屋調査士・弁護士など相続の専門家が対応いたします。

休日対応

平日に相談できない方は、土日・祝日も相談できます。

オンライン相談

スマホやPCでオンラインでの相談を受け付けております。